記事の詳細

自分の体型に悲観的にならない

あなたは雑誌に出てくるようなモデル体型ですか?

背が高く、細身で足が長い。もしそうならば、この記事はスルーして下さい。なぜなら、モデル体型の人ならほぼ何を着ても着こなせてカッコ良くなるからです。それこそスーパーで売っているような服でも着こなせ、オシャレにすら見えることもあるでしょう。

それでは、モデル体型でないとオシャレになれないのでしょうか?

世の中には私を含めてモデル体型じゃない人の方が多いと思います。なかには「自分の体型は~だから」と考えている人もいますが、決してそうではありません

ここを勘違いしている人が多いような気がしますが、「オシャレ」と「モデル体型」には相関関係はありません。太めの人やスタイルがよくない人でもオシャレな人はたくさんいます。つまり、誰でもオシャレになれるということです。

 

体型を上手に生かす人がオシャレ

太めの人、足が短い人、ももが太い人、大抵の人は体にコンプレックスを抱えています。痩せるなどしてそれを解消できるならいいですが、どうにもならないこともあります。オシャレな人はそれらを上手くカバーして着こなしを楽しんでいます。

モデル体型じゃないからと自分の体型に悲観することはなく、むしろそれをうまく利用し着こなす人がオシャレな人です。そのためには、まず「ありのままの自分の体型を受け入れる」こと。ここがオシャレのスタートになります。

関連記事

SPUTNICKS

おすすめ記事

  1. 3つのパンツ
ページ上部へ戻る