記事の詳細

どんなパンツを買っていいか分からない、そんな人のために「これを抑えれば問題ない」という3本をご紹介します。

 

デニムジーンズ

ジーンズオーソドックスなストレート5ポケットのブルージーンズです。最初は若干のユーズド加工、もしくはリジッドのジーンズがオススメです。派手なダメージやクラッシュが入っているものは避けた方が無難です。また、スキニージーンズは上級者向けで体型を選ぶので、着こなす自信が無ければ避けたほうがよいでしょう。

ベージュのチノパン

チノパンストレート、もしくは軽くテーパードが入ってるものだと取り回しが効き便利です。テーパードが入っているときれいめ度がアップします。
同じベージュでも、色が薄いとよりきれいめに、色が濃いとカジュアル寄りの印象になります。

カーキのカーゴパンツ

カーゴパンツカーゴパンツも基本はストレートシルエットです。最近はブーツカットやフレア気味のカーゴも増えてます。美脚効果を狙えますし、ストレートに慣れてきたらトライするのもいいと思います。カジュアルすぎないように、太すぎないものを選びましょう。
 

3本ともに共通する注意点はパンツの細さです。シルエットが太いとカジュアル寄りになってしまい、場合によってはだらしなく見えることもあります。また、逆にピタピタに細いと全体のバランスが難しくなり、着こなしにスキルが必要になります。きれいめに見えるぐらいの太さを選ぶことがポイントです。その太さは、パンツを履いた状態でもものあたりを一掴み掴めるぐらいが丁度いいと思います。

この3本があれば、いろいろな着こなしがカバーできますし、春夏秋冬オールシーズン使えて重宝します。まずはこれで基本的なスタイルを試してみましょう。

関連記事

SPUTNICKS

おすすめ記事

  1. 3つのパンツ
ページ上部へ戻る