記事の詳細

ダウンジャケットは、高い保温性と体から出る汗を放出する特徴があり、
元々は極寒地での作業服として用いられました。

昔は野暮ったかったダウンジャケットですが、
今ではデザイン性やファッション性も高くなり冬のタウン着として確立されました。

ダウンジャケットは存在感があり、ラフにも着こなせ、
さらになんといっても温かいので、冬にはかなり重宝します。

 

代表的ダウンジャケットといえば

ダウンジャケットで有名なブランドと言えば、なんと言っても『モンクレー』ですね。
どのセレクトショップでも取り扱ってますし、秋口の「モンクレー先行予約!」は毎年の風物詩です。
定番モデルも毎年マイナーチェンジされ、新しいモデルも投入されるのでつい欲しくなります。
まさにキング・オブ・ダウンです。

ただ、「ちょっと買ってみるか」とはいかない『値段』がモンクレーのネックですね。
10万円越えは普通ですし、ある意味踏ん切りと意気込みが必要です(笑)

 

最近セレクトショップでこぞって取り扱っているのが『デュベティカ』。
デュベティカは、スリムでより現代的なシルエットが特徴です。

モンクレーが「無骨」だとすれば、デュベティカは「スタイリッシュ」でしょうか。
各セレクトショップが別注するのも分かる気がします。

モンクレーほど価格が高くないところも人気の理由だと思います。

 

ダウンジャケットを選ぶポイントは?

ダウンに限らず冬のコート類は「ある程度の品質」で「定番カラー」を選ぶことをオススメします。
※初心者ならなおさら

冬のコートは面積的にも大きく、品質がチープだとかなり安っぽく見えてしまいますし
すぐにダメになってしまいます。

また、あまり特殊なカラーや変わったパターンを選んでしまうと合わせも難しいですし
なにより流行りが過ぎてしまうと着れなくなってしまいます。

「安物買いの銭失い」にならないためにも、ここは気を付けるポイントです。

関連記事

SPUTNICKS

おすすめ記事

  1. 3つのパンツ
ページ上部へ戻る