記事の詳細

季節感にマッチした服装

ファッション初心者、つまり『ダサい』人によく見受けられるのが、『季節感』をあまり意識していないことです。

例を上げると、冬なのに薄いシャツだけ羽織っていたり、パンツも薄い綿パンを履いていたり、などなど。これは見てるだけで寒々しいですし、非常にダサく感じてしまいます。逆に暑い季節だと、真っ黒のや厚手のシャツなんかは重々しい雰囲気を与え、夏らしい感じは受けません。

つまり、その季節時々によりマッチした着こなしをしていないと、『ハズした』印象を与えてしまい、とてもとてもおしゃれには見えないということです。『ファッションは我慢』というフレーズは聞いたことがあるかもしれませんが、それとこれとは意味合いがまったく違います。

それでは季節にマッチした服装とはどういった服装なんでしょうか?

 

ポイントは生地とカラー

季節感のポイントは生地の種類と厚さ、それと四季を感じさせる服の色です。

秋から今の時期にかけては、ブラウン系・ダークイエローの色、生地はコットンで厚手もの。パンツならばコーデュロイ。

春ならばパステルカラーっぽい淡いグリーンや薄いピンクものが春らしさを感じさせます。

夏なら、白や青などは清涼感を感じさせます。麻のアイテムやハーフパンツ・七部丈なんかは涼しいですし夏にピッタリです。

つまり、その季節を感じさせる=季節感、ということになります。

「まだよく分からない」という方は、そのときに出ている雑誌や、ショップにディスプレイされているものなど参考にしてみましょう。今までよりもちょっと季節感を意識するだけで、ファッションセンスがワンランク上がりますよ。

関連記事

SPUTNICKS

おすすめ記事

ページ上部へ戻る