記事の詳細

服を大事にしまっておく人

服を買っても、かなりの確率でタンスの肥やしになってしまう人がいます。

よくあるパターンは「これはココ一番のときに着よう!」と考え、なかなか着る機会がなく結局ずーっとしまいっぱなし。。。特に男性にこういった傾向の人が多いような気がしますが、そういった人はちょっと注意が必要です。なぜなら服を買っただけで満足している可能性が高いからです。

ファッションは服を「買う」「所持する」といった服そのものよりも、それを着ることが重要です。どれだけ高くていいものを買っても、持つだけでは決してオシャレにはなれません。買って、着て、合わせて、失敗して、それの繰り返しでファッションの経験値が得られます。日常から身につけないと、センスが磨かれないということです。

 

長く着たい!は分かるけど・・・

「たくさん着ると服がヨレたり、ダメになる」という理由で、気に入った服を着ることをなるべく避けている人もいます。確かに、パーティー・二次会用のフォーマルなもの、スーツなどはそういう理由も分かりますが、全ての服をそう考えるのはどうかと思います。なかには一生使えるものもあるかもしれませんが、そういったものはごく一部ですし、そのときのトレンドによって着れなくなる場合もあります。それに、大事にするのは分かりますが、しょせん服は消耗品です。

重要なことは「服」ではなくて、それを着こなす「ファッションセンス」です。ファッションセンスはどれだけ服を着倒したかによって決まるといっても過言じゃありません。「この服が着れなくなるころには、さらに自分のレベルが上がってる」と考えるようにすれば、気に入った服を着るのも躊躇がなくなるはずです。

関連記事

SPUTNICKS

おすすめ記事

ページ上部へ戻る