記事の詳細

手軽におしゃれに見えるアイテム、それが小物です。

小物は服以上に効果的におしゃれだと見せられます。
しかも女性になにげなくチェックされている部分でもあります。

お金をかけずにおしゃれに見える小物をぜひ取り入れてみて下さい。

ソックスに気を抜くべからず

おしゃれは足元からとはいいますが、
「いい靴を履いている大丈夫」、なんて思っていませんか?

靴だけでは不十分、本当の洒落者はソックスにも気を配ります。

履いている靴、パンツによって色・柄を変えましょう。
基本は靴やパンツの色に合わせます。

ビジネスシューズ、ドレスシューズにはいわゆる水玉、ドット模様がおすすめです。
水玉模様にアクセントがある赤やピンク、グリーンなんかもいいかもしれません。
小さめの模様であれば十分ビジネスでも使えます。

オフの日のカジュアルスタイルには、
ノルディック柄の厚手のソックスあたりがこれからの季節にはおすすめです。
無骨なブーツと合わせてソックスはかわいいノルディック柄でギャップを狙うのもありです。

胸元にはチーフで華やかに

ジャケットの胸元にはチーフを挿しましょう。

これがあるのとないのとでは、パッと見の印象が全然違います。
とくにネクタイをしない場合などは全体が物足りなくなることが多いので、
そんなときにとても便利です。

挿し方にもいろいろありますが、フォーマル、ビジネスでない限りは
無造作に突っ込んであるくらいのラフさのほうが自然です。
気軽に取り入れましょう!

手袋はチーフにもなって一石二鳥

手袋は本来の防寒としての役割だけでなく、
コートの胸ポケットなどに入れてチーフ替わりにもできちゃうという優れものです。

これから冬を前にひとつ持っていても損はありません。
格好よくきめたいのなら、革製のものを選びましょう。

そのときにもちょっとだけ上質のものを身に着けるのがポイントです。
それだけで「おっ」と思わせることができます。

いかがでしたか?ちょっと小物を足すだけでも、いろいろと楽しめるんです。

ワードローブにマンネリ化が起こっている方や物足りなさを感じている方は、
小物を足してもっとおしゃれを楽しんでみましょう。

関連記事

SPUTNICKS

おすすめ記事

ページ上部へ戻る