記事の詳細

お洒落をする上でも、靴のお洒落と言うのは難しいものです。服のスタイルによっても変わってきますし、シーンによっても履くべき革靴が変わってきます。
靴は面積が小さいわりに、存在感がありますから手抜きはできません。今回は、シーン別に履くべき革靴を紹介していきます。
シーンに合った靴を履いて、お洒落を楽しみましょう!

ビジネス編

ビジネスでは、最初に相手の靴を見てどんな人か想像する、ということもあるくらいに大事なパーツです。確かに、仕立てのいいスーツをびしっと着こなしていても、靴が汚れてボロボロ、なんてことになれば残念な人に見えてしまいます。
相手には細かいところに気が回らない人、だらしない人という印象を与えてしまいます。ですから、シンプルでもきれいな靴を履いていることが好ましいです。
王道としては、内羽根のストレートチップです。もしくは内羽根プレーントウ。色は黒か濃茶でスーツの色によって合わせていけばいいと思います。
ですが、これは王道過ぎて堅苦しくなってしまいます。パンチドキャップか、クオータブローグなどの穴飾りがあるものを選ぶと華やかな印象にもなりますよ。

パーティー編

華やかなパーティーの場では、装いもそれに合わせて華やかになりますが、結構足元がお留守になっている人が多いように思います。
やはり、消耗品にお金をかけるのはなかなかできないのかもしれませんが、残念です。足元こそお洒落の要です。
パーティーではスタイルにも自由度が広がりますので、思い切ってデザイン性のあるものを選んでみてはいかがでしょうか。
穴飾りが華やかな印象を与えるハーフブローグの靴や、シングルモンクやダブルモンクといったバックル付きの靴はスポーティで洗練されている印象です。
私のおすすめは、鳩目の穴数が少ない(1つか2つ)ダービータイプ(外羽根)の靴です。
鳩目穴の少ないダービーは、パンツのすそから足がすっと伸びているように見え、脚長効果があります。
これにパティーヌと呼ばれる特殊なカラーリングを施した靴なら、パーティー会場で密かに注目されるでしょう。

休日編

休日にも革靴を履いて出かけましょう。きれい目にまとめながらもカジュアルで方の抜けたスタイルにも革靴はぴったりとマッチしてくれます。
大事なのは「抜け感」です。頑張りすぎている感じが伝わると、逆効果になります。休日なんですから、やっぱりリラックスしている雰囲気も欲しいですよね。
Uチップのダービー靴や、チロリアンシューズ、フルブローグのショートブーツあたりがおすすめです。どれもきれいめカジュアルスタイルに良く合う靴です。
合わせるパンツもジーンズやチノパンといったもので合わせるといいでしょう。

大きく分けて3つのシーン別に履きたい靴を見てきました。どのシーンでもそうですが、その場の雰囲気に合った靴を履くことは非常に大切なことです。

関連記事

SPUTNICKS

おすすめ記事

  1. 3つのパンツ
ページ上部へ戻る