記事の詳細

服を買い揃えてはみたものの「なんかダサい。。。」そんな悩みを持つ方はけっこういます。

ファッションはポイントを抑えればそれほど難しくはありません。上手く着こなせない人はそのポイントが分からないだけです。

まずはNGポイントを押さえておきましょう。大きな失敗をしなくて済みますよ。

 

1.オーバーサイズで着る

サイズが大きいと楽ですが、見るからにだらしなく見えてしまいます。なによりキレイに見えません。

ファッションの第一歩は自分のサイズをしっかりと把握すること。ダボダボ、ユルユルな服は、無頓着で気配りが出来ない男という悪い印象にもつながります。
自分の体型に合ったものを着るだけでビシっとキレイに見えます。特にパンツは細身全盛期。脚に合った、ラインがきれいに出るものを選んで履きましょう。

 

2.パンツの裾がダブダブ

「どうしてもキレイに見えない」人がよくやってしまうのが、パンツの裾がダブつかせてしまうこと。ジーンズの裾をズルズルと踏んでしまうぐらいなのは論外として、最近は足首が見えるぐらいにロールアップして履くのが主流です。

ロールアップに関して、まだ抵抗がある方も多いはず。そんな方はまずは裾をジャストな長さで履いてみましょう。

裾をダブつかせず、たったときに靴に触れるぐらいのジャストな丈にする。それだけで野暮ったい感じは解消できますよ。

 

3.シワシワな服を着る

シワは自分が思っているより目立ちます。洗濯して、シワシワの服を着るのは絶対に避けましょう。
だんだんと薄着になってくる季節がやってきます。中に着ている服がシワシワでは上着を脱ぐことも出来ません。

また、一時期はやったシワ加工のシャツなども余りおすすめしません。ファッションスタイルにもよりますが、清潔感が大事になってきている今のファッションだと、どうしてもシワ加工は敬遠されがちです。特にシャツはパリッと清潔にしておくだけで高感度が上がります。

 
どれもやってしまいそうですが、このNGな着こなしを避けていけば無駄に印象を悪くとられることもありません。

周りに好印象を与えられるように気を付けましょう。

関連記事

SPUTNICKS

おすすめ記事

  1. 3つのパンツ
ページ上部へ戻る