衣類

服装で気を付けているポイント

自分の体型を受け入れる

モデル体型でないとカッコよくなれないのか?

世の中には私を含めてモデル体型じゃない人の方が多い。太めの人、足が短い人、ももが太い人、大抵の人は体にコンプレックスを抱えている。

着こなしが上手い人は自分の欠点を補うような着こなしが上手。モデル体型じゃないからと自分の体型に悲観することはなく、むしろそれをうまく利用し着こなすようになりたい。

 

重要なのはサイズ感

オシャレに見える最重要ポイントは、デザインでもカラーでもなく「サイズ感」かと思う。どんないい服でも、ダブダブだったりピチピチではとたんに「ダサく」見えてしまう。

適切なサイズ感をつかむには、自分の体の特徴を理解する必要がある。背が低い、ぽっちゃり、太ももが太い、などなど。

「自分に合ったサイズの服を着る」

自分の体型を知り、体型を生かす方向で服を選ぶように気を付けている。

 

服はガシガシ着てナンボ

男性に多いパターン。いい服を買っても、「ここ一番のときに着よう」と、結局タンスの肥やしになる人。自分も昔はそうでした。

そういった人は注意が必要。なぜなら服を買っただけで満足しているから。

ファッションは服を「買う」「所持する」といった服そのものよりも、それを着ることが重要(当たり前だけど)。どれだけ高くていいものを買っても、持つだけではおしゃれにはなれない。買って、着て、合わせて、失敗して、それの繰り返しではじめて経験値が得られる。日常から身につけないと、センスは磨かれない。

 

季節感が無いとダサい

その季節にマッチした着こなしをしていないと、『ハズした』印象を与えてしまい、とたんにダサくなる。『ファッションは我慢』というフレーズは聞いたことがあるかもしれませんが、それとこれとは意味合いがまったく違う。

季節感のポイントは、生地とカラー。つまり、その季節を感じさせる=季節感、ということ。

 

適度な緊張感を持つ

「適度な緊張感を持つこと」=「見られるという意識を持つ」

緊張感を持たないとどうなるのか?

街に出かけるときに「どうせ誰も見てないし、GパンとヨレたTシャツでいいな」とか、会社出勤時に「パンツがシワシワだけど、これでいいかな」なんておもってしまう。

そうなってくると、身に着けるものに気を使わないようになり、ファッションセンスも失っていきます。休日は全部ジャージで済ます、となるともう末期症状です。

 

そうならないための自分が気を付けているのは、「自分にとってちょっと良いものを着る」こと。そうすると、気持ちも上がりますし、服も「ちょっと良いもの」なので、自然とどう見えているかも意識するようになります。

そして、それを続けていくと「ちょっと良いもの」という意識が無くなり、通常になります。

それって、自分のセンスが「ちょっと良いもの」に追いついた、と言えるんじゃないでしょうか。そしてまた、「その時点でちょっと良いものを着る」。

ピックアップ記事

  1. チーニ― アルダートン購入
  2. ニューバランス MRL996 購入
  3. クロケット&ジョーンズ ケント
  4. Myシューケアボックスの中身
  5. オールデン Vチップ(#54321)の購入

関連記事

  1. 衣類

    『セレオリ』について

    セレクトショップオリジナルのプライベートブランドのことを『セレオリ』と…

  2. 衣類

    大手セレクトショップについて

    セレクトショップは細かいレーベルを含めると膨大にありますが、代表的なセ…

  3. 衣類

    クロケット&ジョーンズが足に合わない

    本格革靴を購入するようになったころ、好きだった靴メーカーはクロケット&…

ピックアップ

ピックアップ

  1. オールデン Vチップ(#54321)の購入
  2. チーニ― アルダートン購入
  3. ニューバランス MRL996 購入
  4. Myシューケアボックスの中身
  5. クロケット&ジョーンズ ケント

アーカイブ

  1. 楽器

    使用ギター弦
  2. 楽器

    Tokai FA235VS
  3. 衣類

    服装で気を付けているポイント
  4. 楽器

    ヴァンザントの塗装剥がれ
  5. 靴・スニーカー

    ニューバランス MRL996 購入
PAGE TOP