衣類

クロケット&ジョーンズが足に合わない

本格革靴を購入するようになったころ、好きだった靴メーカーはクロケット&ジョーンズ。

クロケットは本当にたくさんのモデルがあるが、どれもこれも洗練されたデザインで、なんというか色気があるように感じられた。各ショップでの別注品も多く、店頭や雑誌で目にすることが多かった、という理由もあるかもしれない。

 

結果、クロケットの靴をかなり購入することに。

思いつくだけでも、

・チャートシー
・スエードウイングチップ(ビームスF別注、モデル名失念)
・オードリー(ブラックスウェード)
・ボストン(スエード)
・チェッカブーツ(モデル名失念)
・ケント
・ロウンズ
・モールトン
・ベルグレイプ
・etc

ただ、今現在は1足も無いです。(全て売却)

 

理由は単純で「自分の足に合わなかった」から。正しく言えば「合わないのが分かった」。

好きで買い漁っているときはそのことに気づかなかった。そもそも革靴の経験値が少なかったのもあり、こういうものかと。

好きだったので購入して満足していたというか。アクセサリーや鞄に近い感覚だったかもしれない。

 

そのうち、クロケット以外の靴も履くようになって、「あれ?クロケットって自分の足に合ってない??」と気づいた。

そう思った理由は2つ。

1つは、踵がしっかりフィットしなかったこと。

2つめは、親指の指先(爪)が靴内部の上に当たってしまうこと。

 

1つめの理由は、総じて欧米人に比べ日本人の踵が小さいと言われているので、自分だけでは無いかもしれない。その証拠に、オードリー3やキャベンディッシュ3など、日本人向けに踵を小さくしたモデルも作られている。

Dウィズの靴やラストによってはだいぶ気にならないのもあったが、自分にはクロケット全般的に踵の収まりが悪く、踵に合わせてサイズを選ぶと捨て寸がほぼ無いということもあった。

 

2つめに関しては、自分の足がハンマートゥ気味なところが要因かもしれない(親指の付け根が大きく、指が上を向いている)

クロケットのラストは、靴先に向かってシャープになっているイメージで、それが色気にも通じていると思うが、自分の足には、どちらかというと靴先が丸みを帯びている形の方が相性が良かった。

 

そんなこんなで、少しづつ手放していくうちに全て無くなることに。

そうなってみて気づいたのは、靴は『履いて歩いてナンボ』だということ。デザイン・形も重要なポイントだけど、それよりもストレスなく履ける方が重要だと実感。

今後おそらくクロケットの靴を買うことはない気がするが、靴の良さやメンテナンスの仕方など、革靴の基本を教えてくれたのはクロケット&ジョーンズ。

ありがとうクロケット。

ピックアップ記事

  1. ニューバランス MRL996 購入
  2. Myシューケアボックスの中身
  3. クロケット&ジョーンズ ケント
  4. ビームス オリジナルデニム 購入
  5. チーニ― アルダートン購入

関連記事

  1. 衣類

    『セレオリ』について

    セレクトショップオリジナルのプライベートブランドのことを『セレオリ』と…

  2. 衣類

    季節感が無いとダサい

    季節感にマッチした服装ファッション初心者、つまり『ダサい』人によく…

  3. 衣類

    重要ポイントはサイズ感

    自分の体の特徴、理解してますか?自分の体型を受け入れた後は、体型の…

  4. 衣類

    服はガシガシ着ることが大事

    服を大事にしまっておく人服を買っても、かなりの確率でタンスの肥やし…

  5. 衣類

    適度な緊張感は重要

    「適度な緊張感を持つこと」=「見られるという意識を持つ」とも言えるかと…

ピックアップ

ピックアップ

  1. チーニ― アルダートン購入
  2. ビームス オリジナルデニム 購入
  3. ニューバランス MRL996 購入
  4. Myシューケアボックスの中身
  5. クロケット&ジョーンズ ケント
  1. 音楽

    バンド・オブ・ジプシーズ
  2. 靴・スニーカー

    チーニ― アルダートン購入
  3. 楽器

    Tokai FA235VS
  4. 靴・スニーカー

    Myシューケアボックスの中身
  5. 楽器

    ヴァンザントの塗装剥がれ
PAGE TOP