メンズセレクトショップ(セレオリ、セカンドライン)一覧

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

UNITED ARROWS
ユナイテッドアローズ
年齢層は20代後半~で大人カジュアル。カジュアルフォーマルな会社にも着れるようなキレイめ。よりビジネス・フォーマル向けのWHITE LABEL(ホワイトレーベル)も。
BEAUTY&YOUTH
ビューティーアンドユース
売り場の面積の6~7割を占めるオリジナルブランド。女性受けも良くアローズと言えばこのBEAUTY&YOUTHをイメージする人も多いと思う。元々はBLUR LABEL(ブルーレーベル)からの流れを汲むカジュアルライン。
monkey time
モンキータイム
BEAUTY&YOUTHよりストリート感を打ち出しているオリジナルブランド。
green label relaxing
グリーンレーベルリラクシング
当初のコンセプトは35歳以上をターゲットにしたユナイテッドアローズの低価格セカンドライン。ただ最近はファストファッションの台頭もあり、若年層の支持も強い。服だけに限らず雑貨類も多く取扱っている。同価格帯はGAPあたりか。
District UNITED ARROWS
ディストリクト
アローズグループの中でも独特な雰囲気なトガった店。店舗は渋谷に一店舗のみで、かなり最先端なモードよりのセレクトを行う。

 

SHIPS(シップス)

SHIPS
シップス
セレクトショップ御三家の中では色使いも落ち着いたものが多く、シックなイメージ。ドレスよりなキレイめカジュアル。
SHIPS JET BLUE
シップスジェットブルー
SHIPS(シップス)のセカンドライン。こちらはシップスと比べてもかなり若者向けといった印象が強い。学生っぽいというのが正直なところ。アローズでいえばBEAUTY&YOUTHが近い。

 

BEAMS(ビームス)

BEAMS
ビームス
知名度・規模ともに日本最大手のセレクトショップ。ベーシックなものからフォーマルなものまで幅広く扱うが、アローズやシップスに比べさらにカジュアルより。キレイめというよりはおしゃれ古着を着こなせるような上級者向けっぽい雰囲気がある。ちなみにビームスは男女やテーマ別にやたらとラインが多い。ここでは下部に行くほどフォーマル向けになる。
BEAMS LIGHTS
ビームスライツ
「旅」をテーマにしたビームのカジュアルライン。休日などのオフスタイルにはピッタリなおしゃれ日常着を揃えている。
BEAMS+
ビームスプラス
オリジナルアイテムやインポート、雑貨などを展開。
BEAMS F
ビームスエフ
トレンドをいち早く取り入れたスーツやジャケットなどフォーマルなウェアを取り扱うライン。会社用にちょっと良いものを、なんてときに。
International gallery BEAMS
インターナショナルギャラリービームス
海外からのインポートセレクトや高級感のあるクラシックなアイテムを取り扱い。価格も高い。
BEAMS T
ビームスティー
文字通りTシャツ専門のレーベル。アーティスティックなデザインが特徴。
SPUTNICKS

おすすめ記事

  1. 3つのパンツ
ページ上部へ戻る