コラム

クロケット&ジョーンズが足に合わない

革靴にハマリ出したころ、好きだったメーカーはクロケット&ジョーンズでした。

クロケット&ジョーンズはショップでの別注品も多く、店頭や雑誌で目にすることも多かったという理由もあるかもしれません。

本当にたくさんのモデルがあって、どれもこれも洗練されたデザインでなんというか色気があるように感じました。

 

その結果、これまでかなりのクロケットを購入しました。

・チャートシー
・スエードウイングチップ(ビームスF別注、モデル名失念)
・オードリー(ブラックスウェード)
・ボストン(スエード)
・チェッカブーツ(モデル名失念)
・ケント
・ロウンズ
・モールトン
・ベルグレイプ
・etc

ただ、現在は1足も無いです。全て売却してしまいました。

 

理由は単純で「自分の足に合わなかった」からです。好きで買い漁っているときはそのことに気づきませんでした。そのころは皮靴に対する経験値が少なかったこともあります。

好きだったので購入して満足していたというか、アクセサリーに近い感覚だったかもしれません。

 

そのうち、クロケット以外の靴も履くようになって初めて、「あれ?クロケットって自分の足に合ってない??」と思うようになりました。

その理由として、1つ目は踵がしっかりフィットしなかったこと。2つ目は親指の指先(爪)が靴内部で上部に当たってしまうことです。

 

踵に関しては、欧米人に比べ総じて日本人の踵が小さいと言われていますので、日本人特有の問題かもしれません。オードリー3やキャベンディッシュ3など、日本人向けに踵を小さくしたモデルも作られていますしね。

それに輪をかけて自分は典型的な日本人的な足型ということが分かりました。気になりづらいラストもありましたが、足の幅でサイズを選んでしまうと踵のフィッティングが悪く、踵がスポスポと脱げる感覚がありました。

 

親指の指先に関しては、自分の足が、親指の付け根が大きく指が上を向いている、いわゆるハンマートゥ気味な足が要因だと思います。

クロケットのラストは、靴先がシャープになっているものが多く、上部に当たることが多かったです。自分の足的には、靴先が丸みを帯びている形の方が相性が良いことが分かりました。

 

そういったことで、クロケットの特徴と自分の足を理解するごとに、少しづつ手放すことになり、結果全て売却することになりました。

そうなってみてあらためて気づいたのは、靴は『履いてみてナンボ』だということ。デザイン・形も重要なポイントだけど、それよりも自分に合っていることが重要だと分かりました。

おそらく今後もクロケットの靴を買うことはないと思いますが、革靴の魅力やメンテナンスの仕方など、基本を教えてくれたのはクロケット&ジョーンズです。

ありがとうクロケット。

オアスロウ デニムプリズナーコートの購入前のページ

格安でホワイトバックスを購入次のページ

関連記事

  1. コラム

    大手セレクトショップについて

    セレクトショップは細かいレーベルを含めると膨大にありますが、代表的なセ…

  2. コラム

    『セレオリ』について

    セレクトショップオリジナルのプライベートブランドのことを『セレオリ』と…

ピックアップ

ファッション

楽器

  1. アウター

    オアスロウ デニムプリズナーコートの購入
  2. その他

    エルメス クリッパーのバンド交換
  3. 使用機材

    ヴァンザント JBV-R2
  4. 音楽

    バンド・オブ・ジプシーズ
  5. 使用機材

    ヴァンザント TLV-R1
PAGE TOP